北野クラブ ソラの歴史

solaがオープンにいたるまでを
神戸・北野の歴史と一緒にご紹介します

  1. 北野の名前の始まりは、神戸北野天満神社の創始に由来します
    平安時代の末、平清盛が京都から神戸に都を移す際に
    京都の北野天満宮になぞらえて建立したといわれる神戸北野天満神社
    以降、北野天満神社の周辺は「北野」と呼ばれるようになりました

  2. 大政奉還の年(1867年)に開港すると
    神戸には大勢の外国人が訪れるようになります
    当時、彼らの居住地として人気を得たのが
    神戸港を一望できる山手エリア、北野界隈です
    明治の半ばになると、そこには異国情緒漂う異人館が
    建ち並ぶようになりました

  3. 1898年、現在solaのある場所に
    北野浄水場が完成
    のちに世界的なブランドとなる
    「神戸ウォーター」発祥の地でした

  4. 時を経て1957年、北野の高台に誕生した「北野クラブ」
    そこでは、ジャズの演奏が響き、当時では珍しい
    フレンチのフルコースが振る舞われ
    夜ごとゴージャスなパーティーが繰り広げられました
    セレブが集う神戸屈指のサロンとして名を馳せた
    迎賓館のような場所だったのです

  5. その豊かな文化と伝統を誇る場所に
    新しい北野のランドマークとして
    2005年「北野クラブ ソラ」はオープンしました
    歴史を刻んだ「北野クラブ」が培う
    上質へのこだわりとホスピタリティ
    それは、色褪せることなく受け継がれ
    今もsolaのおもてなしの心として生き続けます